11/27(土)千葉県NPO会議2010で分科会コーディネーターをします!「都会から1000人集めるコツ〜農業体験の運営と環境保全」
0
    千葉県内には1500以上のNPO法人がありますが、これらNPOが民間レベルで連携していくために「ちばNPO協議会」という組織があり、地域作業所hanaの運営法人であるNPO法人コミュニティワークスも参加をさせて頂いています。

    その「ちばNPO協議会」が主催となって、11月27日(土)に千葉市にあるきぼーるで、「千葉県NPO会議2010」が開催されます。

    千葉県NPO会議2010は、「NPOの収益モデルを探る!」をテーマに、NPO法人くらし協同館なかよし理事長の塚越教子さんによる基調講演の後、後半は5つの分科会が行われます。

    後半の分科会のうち、「都会から1000人集めるコツ〜農業体験の運営と環境保全」という分科会のコーディネーターを筒井が担当させて頂くことになりました。(実は、ちばNPO協議会の幹事だったりするもので…)

    そして、この分科会のゲストスピーカーとして、全国のお米農家からこだわりのお米をお取り寄せできる通販サイト「おこめナビ」や年間1000人を集める「農業体験」を運営するNPO法人TINAで、「農業体験」の企画・責任者である吉岡隆幸さんをお迎えします。

    多くのNPOがイベントやセミナーで集客に苦戦する中、どうしたらこれだけの人数を集め、地域活性や環境保全も含めた収益モデルにしているのかを、何から何までお話頂きます。

    ちなみに…吉岡さんは、もともとは旅行会社に勤めていたという脱サラ組で現在若干28歳!私自身も一応まだ30歳ということで、この分科会を通じて、若い人がいわゆるNPOの分野で自立していくためのヒントを得て頂けるようにコーディネートしていければと考えています。

    地域作業所hanaでも、約1年前から農業に取り組んでいますが、より収益を上げ、障がい者への最低賃金支払いを目指していくためには、吉岡さんのように農業体験のプログラムを取り入れることも、一つの選択肢としてあり得るかなと思い、私自身も土曜日の分科会をとても楽しみにしています。

    参加者の皆さんからも質問をどんどん出して頂こうと思っていますので、少しでもアンテナに触れた方は、今週の土曜日の午後、千葉市にある「きぼーる」にお越しください!

    下記は、オフィシャルの御案内文です。

    -----

    千葉県NPO会議2010「NPOの収益モデルを探る!」

    NPOの活動は、お金になりにくい活動が多いですが、だからこそ、持続可能な運営に必要な収益(ビジネスモデル)が必要です。具体的な事例から活動のヒントを探ります!

    ●日時:11月27日(土) 14:00〜17:00
    ●会場:きぼーる13F 千葉市ビジネス支援センター大会議室他
        (千葉市中央区中央4丁目5番1号)
    ●参加費:500 円(当日支払)
    ●定員:100名
    ●内容について:
    【第1部】基調講演
     塚越 教子さん NPO 法人くらし協同館なかよし 理事長
     「大型団地の中にある、生協店舗跡地を再生!
      〜みんなが生きがいをもって、元気に暮らせるまちづくり〜」

    大型団地の中にある「くらし協同館なかよし」は、2005 年に生協店舗が閉店した跡地につくられた、高齢者から子育て世代みんなに役立つ生活空間。生鮮食品の販売から、食事や喫茶サロン、健康講座から、コンサート、子育て支援、生活サポートなど、広範囲にわたる事業を採算をとりながら経営。複合的な場の活用と運営のしくみについて伺います。

    【第2部】分科会  ※5つに分かれています。

    (1)「働く場」を協同で創る 〜ワーカーズコレクティブ
    誰かに雇われるのではなく働く者自身が出資し合い、それぞれが事業主のひとりとして対等に働く共同体をワーカーズ・コレクティブといいます。この手法で市民が働く場をつくり、地域に必要な事業を起こし、地域の課題解決をビジネス手法で取り組む市民事業、社会的企業の事例をもとに話合います。野田市で空き店舗を活用したコミュニティカフェ「紙ふうせん」を開店して5年、地域でどのように展開されているのかを報告します。

    ワーカーズ・コレクティブ 紙ふうせん 代表 宮野洋子氏
    NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ 代表理事 牧野昌子氏

    (2)都会から1000人集めるコツ 〜農業体験の運営と環境保全
    全国のお米農家からこだわりのお米をお取り寄せできる通販サイト「おこめナビ」や年間1000人を集める「農業体験」を運営するNPO法人TINA。今回は「農業体験」の企画・責任者である吉岡隆幸さんに、多くのNPOがイベントやセミナーで集客に苦戦する中、どうしたらこれだけの人数を集め、地域活性や環境保全も含めた収益モデルにしているのかを、何から何までお話頂きます。脱サラした若干28歳の吉岡さんからは、若者がNPOで自立していくためのヒントもきっと見つかるはず!

    NPO法人TINA いなか日記事業部 ディレクター 吉岡隆幸氏
    NPO法人コミュニティワークス 理事長 筒井啓介氏

    (3)ボランティアから就労へ 〜私たちの子育て支援
    「子育てサロン」と呼ばれるような、お母さんと赤ちゃんのための交流・相談スペースは、各地にありますが、松戸子育てさぽーとハーモニーは、子育て広場のボランティア養成講座で知り合った仲間でNPO法人を立ち上げ、実績を積み、今では、松戸市からの委託を受け、市内3か所で子育てサロンや一時預かり事業を展開する他、独自に子育ての情報サイト「まつどあ」を運営中。当初ボランティアだったメンバーが、お給料をもらって活動ができるようになるまでのお話をお伺いします。

    NPO法人松戸子育てさぽーとハーモニー 理事長 荒久美子氏 
    NPO法人アフタースクール 代表 桑野秀男氏

    (4)身近な自然の新たな価値化!〜南房総・たてやま海辺のエコツーリズム
    首都圏から遠くない南房総・館山エリアは、黒潮の影響を受け31.5kmの変化に富んだ海岸線を有し、北限域のサンゴに代表される豊な海辺の自然資源が存在します。そんな身近で貴重な地域の自然資源を見極め、浜辺に落ちている漂着物などを拾い集め調べたりする“ビーチコーミング”を企画したり、貴重な自然体験や環境教育のプログラム化をしたエコツーリズムが人気を集めています。新しい地域の価値を、地域連携を柱に育て、持続的に様々な形で活動している事例をご紹介します。

    NPO法人たてやま・海辺の鑑定団 理事長 竹内聖一氏
    NPO法人千葉まちづくりサポートセンター 副代表 栗原裕治氏

    (5)私募債という資金調達方法 〜どうしてますか?寄付集め
    地域で活動するNPOが事業/活動を継続させるためには、多くの市民の理解と支援が必要ですが、時には資金調達に困ることもあるかと思います。そんな時、私募債とは、利息や償還期限、債権の発行金額が自由に設定できる他、借入と比較した場合、担保や保証人が不要だったり、NPOにとっては資金調達の一つの手段であり、支援者にとっては一つの協力手段となります。今回は、実際に私募債を発行して事業を立ち上げた、たすけあいの会ふきのとうの國生さんにお話頂きます。

    NPO法人たすけあいの会ふきのとう 副代表 國生美南子氏
    NPO法人せっけんの街 代表 山部佳子氏

    ●主催:ちばNPO 協議会/千葉県補助事業
     後援:県内市町村(申請中)

    ●お申込みついて:※申込締切 11月19日(金)
     必要事項を記入し、メールまたはFAXにてお申し込みください。
     (1)参加者名 (2)所属 (3)住所 (4)TEL (5)メール
     (6)参加したい分科会の番号

    ◆お申込み:
     ちばNPO協議会
     事務局:(特活)NPO支援センターちば
     Mail:mail@npo-scc.org
     FAX:04-7168-8611 TEL:04-7168-8600
     URL:http://c-npo-c.seesaa.net/
    | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    パティシエの求人(焼き菓子製造スタッフ)
    0
      地域作業所hanaでは、障がい者への最低賃金の支払いという目標に一歩ずつ近づくために、テミルプロジェクトのバックアップのもと、本格的なスイーツの製造と販売に関する新規事業をスタートさせます。

      そして、テミルプロジェクト(有名パティシエから直接指導を受けて、障がい者が質の高い“売れる”菓子づくりをする環境を作ることで障がい者への最低賃金の支払い目指す)に参加することに伴い、正職員として、1〜3年程度の経験のあるパティシエ(焼き菓子製造スタッフ)を募集します。

      福祉職員とタッグを組み、パティシエ職として菓子の品質に責任を持ちながら、障がい者と一緒に菓子づくりを行うことが主な仕事となります。

      当初は有名パティシエから直接指導をうける1品のみの製造に注力しますが、生産体制を見ながら、徐々にラインナップを増やしたり、将来的にはカフェの運営まで展開させることを検討しています。

      今回の新規事業の趣旨や、私たちの理念・ビジョンに共感し、一緒に障がい者の働く環境を作って頂ける方を求めています。ご興味のある方は、下記のHPをご覧の上、ご応募ください。
      http://www.npo-cw.net/kyuuzin.htm

      そんなわけで、現在、12月上旬に発売される飲食専門の求人誌「グルメキャリー」にパティシエの求人を掲載するため原稿の校正中。

      | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      房総の絵巻きずしワークショップ
      0
        南房総地域に伝わる、伝統巻き寿司があります。
        桜やバラ、動物、ダイヤ柄など、
        図柄は伝統的なものから、
        新しくあみ出されたものまで様々。
        何種類あるのか、正確には分からないそうです。

        まるで絵画のような巻きずしですよね。

        (写真はイメージです)


        この絵巻きずし、戦前までは、すしつけ名人と呼ばれる男性が
        お祝い事のある家に呼ばれて祝儀をもらって巻いていたそうです。
        (その時、女性は下準備などのお手伝いしかやってはいけなかったそうです)

        その、すしつけ名人も、時代の流れと共にいなくなり、
        今では地元の婦人会などの方々が
        伝統を守り、親から子へ、子から孫へと受け継がれているそうです。

        そんな絵巻きずしを作るワークショップを開催します。
        教えてくださるのは君津で絵巻きずしを作り続けているボランティアさんです。

        参加は10名様までなので、
        お早目にお申込みくださいね。

        日時:12月1日(水)10:00〜(3時間程度)

        ■場所:アサンテサーナ木更津

             木更津市文京6−4−4

        ■定員:10名様

        ■材料費:1000円(作った物はお持ち帰りいただけます。)

        ■持ち物:エプロン、三角巾、巻きす×2つ、
             手拭きタオル、持ち帰り用のタッパ

        ■お申込み:地域作業所hana
              TEL:0438−20−3326
        | chigi | ☆お知らせ☆ | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        臨床美術によるアートワークショップ開催!
        0


          みなさんは「臨床美術」という言葉をご存知でしょうか?
          臨床美術士が一人ひとりの参加者にそった働きかけをしながら、参加者が絵を描くことで、脳が活性化し、その人の意欲と潜在能力を引き出していくというもので、近年注目を浴びているアートセラピーの一つだそうです。

          臨床美術士の方が、偶然にも地域作業所hanaがある町内と同じ地域にお住まいで、その方のご厚意で、11月3日(水祝)に1階の店舗スペースで、アートワークショップを開催することとなりました。

          当日は、りんごなどの絵を描くようです。材料はこちらで用意しますので、興味のある方は、お気軽にご参加ください。

          「絵が苦手な人でも楽しく描けます〜あなたもアーティスト!」
          (臨床美術によるアートワークショップ)

          ■日時:2010年11月3日(水・祝)13:30〜15:30
          ■場所:アサンテサーナきさらづ(木更津市文京6−4−4)
              ※木更津第2小学校前の雑貨屋さん
          ■参加費:1人500円(材料代込)
          ■講師:山田美智子さん(臨床美術士)
          ■お申込・お問合せ:地域作業所hana 0438-20-3326 info@npo-cw.net まで
          | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          NHK「おはよう日本」が放映されました!
          0


            10月5日(火)のNHKニュース「おはよう日本」(首都圏エリアのみの放映枠)で、作業所hanaの取り組みを紹介して頂きました。

            工賃向上に取り組み、実績を出している福祉作業所は全国にたくさんあり、私たちの作業所の工賃額は、全国の水準からみると、決して高いとは言えない状況です。そのような中、今回の取材を受けるべきかを非常に悩みましたが、放映されることで、新聞エコバッグの注文が増え、利用者さんの工賃に反映されればという期待はもちろんのこと、私たちの今を客観的に取材して頂くことで、今後のステップアップにしたいと思い、お受けすることにしました。

            実際に放映をご覧になった方の中には、工賃はこんなものか…。他に実績を出している作業所はたくさんあるのに…。と感じた方もいらっしゃるかもしれません。私たちとしては、もちろんこれがゴールではなく、まだまだ通過点、しかも立ち上げたばかりの作業所ですから序盤戦だと思っています。

            これからも日々の地道な努力を積み重ね、工賃面でも、利用者さんに「作業所hanaに通って良かった」と思って頂ける作業所に成長させていきます。


            新聞エコバッグづくりの作業風景です。


            英字新聞を折り、丁寧に、一つ一つ作り上げていきます。


            職員のインタビュー。NHKでは作業所名などの固有名詞は出ないそうです。
            | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            NHKニュース「おはよう日本」の取材
            0
              今日は気持ちのいい1日でしたね。
              そんな中、今日は午後からNHKのテレビ取材がありました。


              バッグの補強に使う厚紙をカットしたり、バッグの持ち手となる紐をつけたりしている作業を撮影中!


              こちらは今回の番組で、インタビューにも快く協力をしてくださった男性の作業風景の撮影の様子です。


              出来上がった新聞エコバッグを数え、段ボールに詰めていくチームの様子も撮影されていました。


              こちらは、職員による検品の様子。何やらカメラに向かって説明しています。


              そして、我らが地域作業所hanaの新聞エコバッグのみの撮影を1階の店舗で行いました。照明まで浴びて、カッコよく映っていること間違いなしです!

              福祉作業所での障がいのある方の工賃(賃金)アップの取組みの一つとして、地域作業所hanaで制作をしている「新聞エコバッグ」を取り上げて頂けるということで、今回のテレビ取材となりました。

              10月5日(火)NHKの朝7:45〜8:00の番組「おはよう日本」の中の首都圏エリア限定のコーナーで放映されるようなので、首都圏以外の方はご覧になれないと思うのですが、首都圏にお住まいの方は、ぜひご覧になってください。(4分くらいのコーナーだそうで、地域作業所hana以外の取組みも同じコーナーで紹介されるため、実際に映るのは1〜2分程度だとは思いますが…)

              ■番組名 NHKニュース おはよう日本
              ■放映日 10月5日(火)7:45〜8:00
              ■チャンネル NHK総合(1チャンネル)
              | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 16:37 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              フェアトレード商品の秋冬物入荷しました!
              0
                ここ数日、めっきり秋らしい日が続いていますね。
                地域作業所hanaが運営する1階店舗の「アサンテサーナきさらづ」でも秋冬物の商品が続々と入荷しています。


                お店の出入り口部分のテラスに並ぶ商品をめっきり秋らしい感じです。


                刺繍フェアをやっています。バングラディッシュのノクシカタ刺繍や、インドのミラー刺繍製品がそろっています。異国の地に想いを馳せながら、お気に入りの一品を見つけてください。


                衣類も秋冬物の新作が入荷しています。


                大人気のインドの革製品。伝統的な技法である植物から抽出したタンニンでのなめしにこだわった製品です。牛革・水牛革・山羊革が使われています。


                作業所hanaのオリジナル商品「新聞エコバッグ」も1階のお店で販売しています。製品だけではなく、おうちで作ることができる「6点キットセット」も販売中!作業所hanaで販売している新聞エコバッグ6点の材料や作り方レシピがセットになっています。

                外に出かけるには、とっても気持ちがいい季節です。ぜひ「アサンテサーナきさらづ」にお立ちより下さい!
                | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                新規職員(正社員・パート)を募集します。
                0
                  地域作業所hanaでは、障がいのある方への工賃(給与)向上を目指した新たな事業展開に伴い、新規職員を募集します。

                  特に、今回は、障がい者の働く場として事業をスタートさせた「農作業」と「ショップ&カフェ」を担当してくださる指導員を募集しています。

                  私たちは、福祉作業所での様々な事業を通じて、社会問題を解決するソーシャルベンチャー企業であり、私たちの理念やビジョンに共感し、一緒に事業を創り出すために、汗をかいてくださる方を求めています。

                  志と高い意欲がある方からの応募をお待ちしています。

                  詳細は下記のホームページをご覧ください。
                  http://www.npo-cw.net/kyuuzin.htm
                  | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  hana通信第3号を発行しました!
                  0
                    作業所hanaが2010年4月に今の場所に移転してから、近隣の方々や地域の皆様に、作業所hanaのことを知って頂きたいと考え、不定期発行ではありますが、「hana通信」の配布を始めました。

                    直近では8月に、第3号を発行し、ホームページ上でもPDFファイルでアップしましたので、ご覧ください。
                    http://www.npo-cw.net/pdf/tushin3.pdf(PDFファイル)

                    また、過去の1〜2号も、ホームページのトップページにある「NEWS」の欄にリンクが貼ってありますので、併せてご覧ください。その時々の作業所hanaの作業の様子や農業の進捗状況、1階店舗でのイベント・ワークショップ情報など盛りだくさんです!
                    http://www.npo-cw.net/
                    | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    キャンドルナイトライブinAsante sana
                    0
                      地域作業所hanaが運営する
                      Asante sana(アサンテサーナ)きさらづで
                      キャンドルナイトイベントを開催します。

                      ■7月3日(土)19:00〜21:00
                      ■場所:アサンテサーナきさらづ
                          (木更津市文京6-4-4)

                      続きを読む >>
                      | 地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |