ワークライフバランスがテーマの講演「働き方見直し大作戦」
1
地域作業所hanaとして、障がい者の働く場づくりや就労支援に携わる中で、今後さらに少子高齢化が進む日本社会では、子育て中の女性やハンディのある方などもそれぞれができる範囲の中で働くことができる環境を作ることができなければ、仕事はどんどん海外に取られ、ますます日本全体が沈んでいく危機感を持っています。

それを打開するためには、一人ひとりが働き方を見直す必要もありますが、一方で私たち事業所側も「ワークライブバランス」を応援できる働く環境づくりが必要不可欠だと考え、ワークライフバランスに関する講演会を下記の通り、開催することとなりました。

下記の文中やチラシには「イクメン」という言葉も出てきますが、何も育児中の男性のみに向けた講演会ではなく、働く男性・女性、そして働く環境を作る側の方々にも、参考になるお話ですので、是非、ご参加ください。

=【転送大歓迎】==
講演「働き方見直し大作戦
     〜イクメンが伝授!仕事・家庭・地域の両立のコツとは?」
・日時:2011年1月15日(土)13:00〜15:00
・場所:木更津市総合福祉会館 1F市民ホール
(チラシPDF版→ http://www.kisacon.jp/img/ikumensankaku.pdf
==========

★ワークライフバランス=「働き方の変革」しませんか?

テレビや新聞で、「イクメン」という言葉をよく見かけるようになりました。(2010年の流行語大賞のベスト10にも選ばれました!)「イクメン」とは、“イケメン”をもじり、育児休暇を取得したり、育児(イクジ)に積極的に関わる男性(メンズ)のこと。実は今、「イクメン」が急増中なこと、ご存知でしたか?
彼ら「イクメン」たちに共通しているキーワード・・・それは、【ワークライフバランス】です。直訳は、仕事と生活の両立ですが、この言葉の根本には、【働き方の変革】があります。男性も女性も、仕事と生活(家庭)の両立は永遠のテーマです。企業側もそれを応援する環境づくりが迫られています。
ワークライフバランスを提唱し、イクメンでもある講師の渥美さんは、多くのテレビ番組に出演されているほか、政府の「イクメンプロジェクト」の推進チームメンバーにもなられています。渥美さんのお話をヒントに、皆さんの働き方を見直してみませんか?

・日時:2011年1月15日(土)13:00〜15:00
・場所:木更津市総合福祉会館 1F市民ホール
・講師:渥美由喜氏 (株)東レ経営研究所ダイバーシティー
             &ワークライフバランス研究部長
・参加費:無料
・主催・お問い合わせ先:
     きさらづデュエット/男女共同参画フォーラム実行委員会
     事務局:木更津市 企画課 男女共同参画・国際担当
          TEL:0438-23-7427 FAX:0438-23-9338


★講師プロフィール(渥美由喜・あつみなおき)

1992年東京大学法学部政治学科卒業後、(株)富士総合研究所に入社。その後、富士通総研を経て、(株)東レ経営研究所に入社し、現在に至る。これまでに海外10数カ国を含む、国内のワークライフバランス・ダイバーシティ先進企業550社、海外100社を訪問ヒアリングし、3000社の財務データを分析。また、コンサルタント、アドバイザーとして、実際にワークライフバランスやダイバーシティに取り組む企業の取組推進をサポート。現在、内閣府『共同参画』に「ワークライフマネジメント実践術」、読売新聞の火曜日夕刊に隔週で「労働のススメ」を連載中。
プライベートでは、4歳と0歳の2児の父親で、一昨年と今年、育児休業を取得し、仕事、育児のほか、17年前から地元の公園で継続してきた「こども会」のボランティア活動をライフワークにしている。座右の銘は、「市民の三面性=家庭人、地域人、職業人」。

★お申込方法:下記の内容をメールにご記入の上、kikaku@city.kisarazu.lg.jpまでご送信下さい。
---
【お申込フォーム】 送信先→kikaku@city.kisarazu.lg.jp
○参加希望講演名: 1月15日開催「働き方見直し大作戦」
○参加者名(複数人可):
○代表者のご連絡先
  ・住所:
  ・電話/FAX:
  ・Eメール:
※手話通訳・保育(2歳以上)をご希望の方はその旨をご記入ください。
 (担当者手配の都合上、開催日2週間前までにお申し込みください)
---

★この講座以外にも下記の3講座が順次開催されます。こちらも併せてご参加ください。いずれも参加費は無料です。お申込方法は上記の講座と同様にメールにてお申し込みください。

<第2回>講演+ディスカッション
「DVオトコ・虐待親はどんな人?〜ご近所さんと防ぐDV被害」
・日時:2011年1月15日(土)15:30〜17:30
・場所:木更津市総合福祉会館 第3研修室
・講師:田中規子氏(専門里親)

<第3回>講演
「あなた、わたしがいなくなっても大丈夫?
 〜知ってトクする、その後のおひとりさま暮らし」
・日時:2011年1月23日(日)13:30〜15:30
・場所:木更津市中央公民館 図書ギャラリー
・講師:中澤まゆみ氏(ノンフィクションライター)

<第4回>講演+ディスカッション
「子育て。1人で頑張らないで!
 〜地域に住む高齢者から乳児まで一緒がいいね!」
・日時:2011年1月28日(金)10:00〜12:00
・場所:木更津市清見台公民館 集会室
・講師:阪井由佳子氏(デイハウスにぎやか代表 富山県)
| 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日の畑の様子
0
    今日も午前中に畑作業に行ってきました。
    そんなわけで、ここ最近の畑の様子をまとめてみました。

    ■ほうれん草



    順調に芽が出始めています。今ある作物の中で一番順調かも。

    ■大根



    トンネル作りが着々と進んでいます。1畝の長さが長いので、トンネルを作るのにも一苦労。あと2畝はトンネルを作らないといけません。

    ■菜花



    相変わらず、葉の色が変色してしまっています。寒い風に当たっているのが原因だと思いますが、もうしばらく様子を見て、このまま変色が続くようであれば、対策を考えないといけません。

    ■玉ねぎ



    どうもあまり元気がありません。先っぽも枯れてしまっているので、もう少し様子を見ようとは思いますが、心配しています。追肥の時期がポイントのようなので、それをしっかり見極めたいと思います。
    | 筒井啓介@地域作業所hana | 畑仕事 | 14:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    12/19(日)20(月)「君津地域福祉施設・事業所合同面接会」に参加します!
    0
      ブログやツイッターでもここ最近は求人募集の記事を書くことも増えてきましたが、12月19日(日)と20日(月)に木更津市民会館で開催される「君津地域 福祉施設・事業所合同面接会」に地域作業所hanaもブース出展をします。

      地域作業所hanaで正社員として指導員(障がい者への作業指導や生活支援など)の仕事に就いてみたいと考えている方や、パートで農作業や指導補助などをやってみたいと考えている方など、一人でも多くの方とお話しできたらと思っています。

      当日は、代表の筒井と現場責任者の中本が両日とも会場におります。「合同面接会」というタイトルがついていますが、きちんとした面接だけではなく、どんな作業所なのか、どういった仕事があるのか、会社としてのビジョンは?、地域や社会にどう貢献していくの?などなど質問をして頂くだけでもかまいません。少しでも私たちの作業所に興味を持って頂けた方は、是非この機会に地域作業所hanaのブースにお越しください。

      地域作業所hanaの求人内容は下記をご覧ください。
      http://www.npo-cw.net/kyuuzin.htm

      【君津地域 福祉施設・事業所合同就職面接会】
      ○日時
       平成22年12月19日(日)13:00〜16:00
       平成22年12月20日(月)13:00〜16:00
      ○場所
       木更津市民会館(千葉県木更津市貝渕2-13-40)
       JR「木更津」駅から徒歩15分
      ○主催
       千葉県福祉人材確保・定着君津地域推進協議会

      詳細は下記をご覧ください。
      http://baito.e-aidem.com/index.php/action/job_detail/job_id/341365
      | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      イベントのお知らせ:吹く詩の宴10
      0
        ━v━v━v━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        木更津発! 地域福祉セミナー
        福祉から“吹く詩”へ 「吹く詩の宴10」
        〜忘年会&クリスマスが一緒にやってきた〜
        2010年12月23日(木・祝)11:00〜16:00

        ●参加費:2000円(特別割引:500円)
        *特別割引とは、金銭的な理由は一般の参加費での
        参加が厳しい方などを対象にしています。

        ●会場:木更津市民会館 中ホール
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━v━v━v━

        ◆◇◆プログラム(※敬称略)◆◇◆
        ○10:30
        【開場】

        ○11:00
        【オープニング】
        「ハンドベル演奏」 ゆめたまハンドベルリンガーズ

        ○11:30
        【ランチパーティー】

        どなたでも参加いただけるランチパーティーです。
        一発芸や不思議な出し物、
        そして何より、おいしいパンのオンパレードです。
        実行委員と、ご協力団体の
        100%手作りランチパーティーをお楽しみください。

        ○13:00〜14:00
        【こわれ者の祭典】

        【出演】
        こわれ者の祭典
        (月乃光司・脳性マヒブラザーズ・aiko)

        今年もこわれ者の祭典が木更津で体験できる!!
        「病気」の体験発表&パフォーマンスイベント。
        「病気でどう苦しみ、そこからどう回復したか」を
        ユーモアを交えたトークと、
        その病気に関するパフォーマンスを展開します。
        アルコール依存症、摂食障害、引きこもりなどの
        当事者・体験者が出演。

        ○14:00〜14:20
        【日本ダルク】

        日本ダルクには、薬物に手を染めてしまったけれど、
        薬物依存から回復したい仲間が集まっています。
        どんなアディクト(薬物依存者でも)、
        努力すれば必ず回復出来るという希望のメッセージを伝えます。

        ○14:20〜14:30
        休憩

        ○14:30〜15:30
        【講演】「アイヌに生まれて」

        【講師】 絵本作家 宇梶静江

        アイヌ地方出身の宇梶さんと、
        一緒に生きづらさについて考えます。
        アイヌ人としての生きづらさ、
        障がいのある人の生きづらさ、
        ちょっと人と違うことの生きづらさ。
        その中で生き抜いてきた「人」としての
        生き方を語ります。

        ○15:30〜16:30
        【閉会セレモニー】

        実行委員会より、今年の宴のメッセージを伝えます。
        どんなセレモニーかは、乞うご期待☆

        ◆◇◆会場内のイベント◆◇◆
        ○クリスマスプレゼント
        この日は、クリスマスイブ前日。
        ここに集ってくれた子どもたちには
        素敵なプレゼントあり!
        宴にもサンタさんがやってくるよ〜☆

        ○福祉ショップ大集合!!
        木更津近辺の福祉施設が一堂に集結!!
        各施設自慢の商品を持ち寄ります☆

        ◆◇◆開催主旨◆◇◆

        昨今の福祉行政および介護現場における行き詰まりは、
        決して当事者、福祉従事者(経営者も含む)、
        福祉行政者の3者において解決できる課題でも、
        3者のみで解決すべき問題でもないと考えています。

        これは、医療や教育、環境といった分野でも同じことですが、
        広くて大きな現代的課題は、たとえ無理があっても、
        様々な背景や具体的事例をオープンにし、繋げて考えていかなければ、
        正確な理解や課題解決、そして新たな時代を創ることはできません。

        だからこそ、私たちは「それぞれの生のカタチ、支え合いのスタイル、
        生き抜くための手段」をめぐって、探求し、悩み、発見し、
        発信し続けている様々な方々を招聘した
        全国セミナー(私たちは「宴」と呼んでいます)を毎年、
        千葉県木更津市で開催しています。

        そしてこの「吹く詩の宴」は、福祉に携わる方々だけに限らず、
        一般の方々とも、今の時代における、楽しさや生き難さを共有し、
        それぞれが「誰もがありのままにその人らしく
        地域で暮らし生き続ける」ことへの希望と大きなパワーを
        体感して頂けることを目指します。

        2010年の今年は、
        忘年会とクリスマス会を一緒にやっちゃいます☆
        今年の宴も、盛り上がります!

        ◆◇◆ご来場の皆さんへお願いとお知らせ◆◇◆
        *ゴミの削減にご協力を!
        今年の宴は、ランチパーティとなりました。
        ゴミをなえるべく減らせるように、
        マイ箸・マイ皿・マイカップの
        ご持参をお願いいたします。
        会場で箸などをお求めの場合は、
        有料となりますので、ご了承ください。

        *宴Tシャツ販売します!
        当日は、吹く詩の宴オリジナルTシャツを
        会場にて、販売いたします。
        1枚:2000円
        宴の記念にぜひどうぞ☆

        ◆◇◆協賛金のお願い◆◇◆

        協賛金にご協力をお願いいたします。
        (大口:1口2万円/小口:1口1万円)

        大口のご協賛をいただいた場合には、当日配布資料に
        企業名・団体名を掲載させていただきます。

        協賛金のお問い合わせは、
        実行委員会事務局までお願いいたします。
        ○TEL:0438-20-3326
        ○FAX:0438-20-3327
        ○e-mail:utage@npo-cw.net
        <協賛締め切り:宴開催まで>

        ◆◇◆お問い合わせ・参加申し込み◆◇◆
        吹く詩の宴実行委員会事務局
        ・担 当:中本
        ・メール:utage@npo-cw.net
        ・FAX:0438-20-3326
        ・電 話:0438-20-3327(地域作業所hana内)
        ・住 所:〒292-0804千葉県木更津市文京6-4-4
        | 地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「グルメキャリー」でのパティシエ求人がスタート!
        0
          地域作業所hanaでは、障がい者への最低賃金の支払いという目標に一歩ずつ近づくために、テミルプロジェクトのバックアップのもと、本格的なスイーツの製造と販売に関する新規事業をスタートさせます。

          そして、テミルプロジェクト(有名パティシエから直接指導を受けて、障がい者が質の高い“売れる”菓子づくりをする環境を作ることで障がい者への最低賃金の支払い目指す)に参加することに伴い、正職員として、1〜3年程度の経験のあるパティシエ(焼き菓子製造スタッフ)を募集しています。

          福祉職員とタッグを組み、パティシエ職として菓子の品質に責任を持ちながら、障がい者と一緒に菓子づくりを行うことが主な仕事となります。

          当初は有名パティシエから直接指導をうける1品のみの製造に注力しますが、生産体制を見ながら、徐々にラインナップを増やしたり、将来的にはカフェの運営まで展開させることを検討しています。

          今回の新規事業の趣旨や、私たちの理念・ビジョンに共感し、一緒に障がい者の働く環境を作って頂ける方を求めています。遠方からの場合は、木更津への引越し費用も負担を致します。ご興味のある方は、下記のHPをご覧の上、ご応募ください。
          http://www.npo-cw.net/kyuuzin.htm

          飲食専門求人誌サイト「グルメキャリー」でも求人がスタートしました。併せてご覧下さい。
          http://www.gourmetcaree-tokyo.com/aboutus-243t-038.html
          | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          作物の心配ごとで頭がいっぱい!
          0
            ここ最近、利用者さんとの畑作業に頻繁に参加しているのですが、自らの手で作業すれば作業するほど、今育てている作物のことが心配で仕方ありません。親の気持ちとでもいうのでしょうか…今からこんなのだと、将来子供ができたときが思いやられますが、とにかく畑のことを考える時間が長くなりました。

            ■心配事その1

            先週に苗を植えた菜花ですが、根づいてきているようで、だいぶしゃきっとはしてきたのですが、今度は下の写真のように、葉の色が赤や黄色に変色してきてしまいました。まさか紅葉するわけじゃあるまいし…農業の先輩方に聞いたところ、寒い風に当たりすぎて色が変色してしまっているのかもしれないとのこと。



            hanaの畑のご近所に住む農家のおばあさんたちには「もっと根づいてくれば、変色することはないから、心配しなくて大丈夫!」と言われたのですが、やっぱ気になるんですよね…。

            ■心配事その2

            数日前のブログで、大根の芽が出てきたことを書きましたが、どうも発芽率がよくありません。だいたい半分から多く見ても6割くらいでしょうか。



            種をまいた翌日に、激しい雨がふったことや、強風でマルチが飛ばされてしまったことなどが原因だとは思うのですが、昨年はもっと発芽率がよかったので、来週もこのままの状況だと、種を撒きなおす必要があるかも…とのこと。うーん…こちらも心配です。

            心配事ばかりを書いてしまいましたが、農業は自然相手なので、思い通りにいかないことは当然なんですよね。だからこそ普段口にしている野菜を食べるときには、農家の方々や自然への感謝の気持ちを忘れてはいけないのだとつくづく思わされます。

            また来週も頑張って作業をしてきます!
            | 筒井啓介@地域作業所hana | 畑仕事 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            12/1は千葉県NPOの日!
            0
              ここ最近、このブログでもNPOネタが増えていますが…というのも、12月1日は、千葉県が定めた「NPOの日」なのです。

              この前後にNPOに関する様々な催しものやPR活動を集中的に開催することでNPOの普及啓発をしていこうと、先日の千葉県NPO会議2010も開催されました。

              そして、本日12月1日の「NPOの日」には、多くの方へNPOの日のアピールをするために、千葉県内の多くの駅で一斉にリーフレット配布が行われました。

              木更津駅は、私たち地域作業所hanaも担当させて頂き、朝7時から木更津駅の階段下でチラシ配布をしてきました。利用者さんにも呼び掛けてみたところ、なんと1人の方がお手伝いに来てくれました!すごい嬉しい!!



              それにしても、朝はだいぶ寒くなってきましたね。配るのも大変ですが、寒い中手を差し出してチラシを受け取ってくださる方には感謝の気持ちでいっぱいになります。受け取ってくださった方、本当にありがとうございました!

              予定枚数を配り終わった後は、みんなで朝食を食べに行ったのですが、早起きをして一仕事した後の朝ご飯は格別です!!
              | 筒井啓介@地域作業所hana | ちょっと一息 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              海ほたるPAでの野菜販売!
              0
                今日は、東京湾アクアラインのPAである「海ほたる」で、hanaの畑で収穫した野菜の販売をしてきました!!

                といっても、冬野菜の植え付けの準備をしているこの時期にhanaで収穫できるのは、さつまいもと紫いもと…まさにイモづくめです。笑

                それぞれのイモを、hanaで作っている新聞エコバッグに詰めて、販売をしてきましたが、利用者さんが紫いもでようかんを作ってきてくれたり、試食用を準備してくれたりしたおかげで、見事完売して帰ってきました!!

                今回の海ほたるPAでの販売は、地域作業所hanaも参加をしている「木更津市地域自立支援協議会」の取り組みの一環として、11月から実験的にスタートしました。他の事業所の様子なども踏まえて、今後も継続できるように私たちも努力していきたいと思います。

                海ほたるで見かけた方は、ぜひ、ご購入くださいね!!
                | 筒井啓介@地域作業所hana | 畑仕事 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                千葉県NPO会議2010に参加してきました!
                0
                  このブログでも先日告知をしましたが、本日はちばNPO協議会が主催する「千葉県NPO会議2010」が千葉市のきぼーるで開催され、私も参加をしてきました。

                  前半は基調講演で、後半は分科会だったのですが、そのうち「都会から1000人集めるコツ〜農業体験の運営と環境保全」という分科会のコーディネーターを私が担当させていただいたので、その時の内容をおすそわけです。

                  この分科会のゲストスピーカーは、全国のお米農家からこだわりのお米をお取り寄せできる通販サイト「おこめナビ」や年間1000人を集める「農業体験」を運営するNPO法人TINAで、「農業体験」の企画・責任者である吉岡隆幸さん



                  NPO法人TINAには、少ない職員数ながらも、社会に必要なことは何でもやろう!という柔軟性があるため、現在4つの事業が立ち上がっています。その中の一つである「いなか日記」では、農業体験で年間1000人以上集めている実績から、どうしたらこれだけの人集めができるのかというノウハウをお聞きすることを目的とした分科会でした。

                  まず、“NPO活動は、出口のニーズをとらえて、シーズを育てていくことが必要”というお話を、実際に「いなか日記」が5段階のフェーズを設定してから進めている事例を基にご紹介頂きました。さらに具体的な話として、学習塾やスポーツクラブは、今やそれだけでは子どもが集まらないため、食育や自然体験などのサービスをプラスして提供するところが増えておりかなりのニーズがある、だからこそ、そういったサービスを提供しているNPOは積極的に営業を!という話題も出ていました。

                  後半は、吉岡さんが実際に実践している人集めの手段についての話に。「いなか日記」のターゲットが若い層であることやコストがかからないことから、ホームページ等を最大限に活用しているノウハウをかなり細かくご説明頂きました。これは農業体験を実施する団体だけでなく、全てのNPOにとって参考になる内容だったので、この分科会に参加した人はラッキーだったと思います。

                  質疑応答から分かった参加者の方々の共通の関心は「地域との信頼関係をどう築いたのか」という点でした。農家さんとの信頼関係、休耕田をどのように見つけたら良いか、行政との協働関係づくり、若手人材をどう確保しているのか…など、多くの質問が吉岡さんに寄せられ、一つ一つ丁寧にお答え頂きました。

                  都会から毎年1000人を集めているその陰には、吉岡さんをはじめ、職員の方々の相当な努力があることが分かりました。常にどうやったら人を集められるかを考え、分析をし、次の一手を打つ…その繰り返しをひたすら実践されています。同時に、吉岡さんがこれまでに築いてこられた信頼関係は、多くの人に自分たちの夢をしっかり語ることで、同じ想いの仲間と出会えたり、協力者が現れたりといった効果の表れなのだと感じました。

                  とにかく、吉岡さん熱すぎます!!
                  私と同年代ということもあり、色々共感しあえる部分も多く、今後は吉岡さんのNPOと協働プロジェクトをやりましょう!なんて話もさせて頂いていますので、こちらもご期待ください☆
                  | 筒井啓介@地域作業所hana | ちょっと一息 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  マルチ張り
                  0
                    今日は、大根の種まきをする前作業として、穴あきのマルチを張る作業。職員からは、2つ穴のマルチをホームセンターで買って行くようにと言われていたのですが、いざ買った物を畑で広げてみたら、5つ穴でした…汗。

                    交換しに店に戻るかを迷いましたが、そうこうしているうちに、時間も過ぎてしまうので、とりあえずはその5つ穴のマルチを利用者さんと一緒に張る作業に精を出しました!畝の長さが長いので、一列マルチを張るのもなかなか大変な作業です。



                    一昨日に植えた菜花の苗は、少しずつしゃきっとしてきましたが、それでもしんなりしているものもまだ多く見られます。大丈夫かな…。



                    第一弾で種まきが終わっていた大根は、少しずつ芽が出てきました。

                    | 筒井啓介@地域作業所hana | 畑仕事 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |