延期になりました★3/27(日)地域共生フォーラムinちば
0
    【3月15日追記】

    このたびの東北地方太平洋沖地震において、被災された方々、並びにそのご親族、ご友人の皆様に心からお見舞いを申し上げます。また、被災地の皆様の1日も早い復旧並びに復興を心よりお祈り申し上げます。

    さて、今回の災害を受け、様々な事情を考慮し、先日ご案内をさせて頂いた3月27日(日)開催予定であった「地域共生ケアフォーラムinちば」の開催を延期させて頂くこととなりました。

    既にお申込をされた方、ご予定をして頂いていた方々には大変申し訳なく思っておりますが、延期の日時が決まり次第、再度ご案内をさせて頂きますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


    ----------------

    こんにちは!
    今日の木更津は、暖かい陽気で、気持ちのいい1日になりそうです。

    ブログの更新が月1回の頻度になってしまっていますが、年明けからは、利用者さん(障がいのある方)とそのご家族との個別面談をしたり、新しいプロジェクトの立ち上げ準備を進めたり、年に1回定期的に行われる県の指導監査を受けたり、地域作業所hanaが関わらせて頂いている様々な協議会や団体などで開催されるセミナーやフォーラムの運営をしたり・・・と、あっという間の2か月でした。

    そんな中、年度末ぎりぎりの3月27日(日)に、「地域共生フォーラムinちば」という大きなフォーラムが、千葉県労働者福祉センターで開催されます。主催は「NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター」という団体で、地域作業所hana代表の筒井も理事として関わらせて頂いており、このブログをご覧の皆さんにも、是非ご参加いただきたいと思い、ご案内をさせて頂きます。

    今日、私たちの周りでは、老々介護・認認介護、孤独死、虐待、差別、DV、ニート、ホームレス、福祉・介護人材の不足、、、など、多くの問題・課題が山積しています。

    しかし、千葉には、「有償たすけあい活動」、「宅老所」、「共生ケア」、「パーソナルアシスタントサービス」、「小域福祉フォーラム」、「24時間365日の総合相談」など、課題や地域ニーズに応える貴重な“実践”があり、そのどれもが、今や全国から注目を集める取組みになっています。

    さらに、千葉には、地域に必要な“実践”を起こせる(興せる)人とスピリットがあります。

    これらを、次世代に継承していくために、また、新たな実践を「現場」から気づくために、皆様と同じ時間を共有し、ご一緒に考えていけたらと考えております。多くの方々のご参加を心よりお待ち致しております。
    http://chiba-bc.com/pdf/20110327.pdf (PDFファイル)

    ■日時:2011年3月27日(日)9:55〜16:40 ★延期になりました★
    ■会場:千葉県労働者福祉センター(大ホール)千葉市中央区千葉港4−4
    ■参加費:無料
    ■対象者:一般県民、高齢者福祉・障害者福祉・地域福祉に関わる方・団体
    ■内容:第1部:映画上映会「ただいま それぞれの居場所」/監督挨拶
          第2部:対談「共に助け合う地域社会を目指して」
              ・さわやか福祉財団 理事長 堀田力さん
              ・千葉県 副知事 坂本森男さん
         第3部:パネルディスカッション
              「新たな時代に向けて・・・ちばの地域福祉ビジョンを考える」

    ■詳細プログラム:

    ☆09:55〜10:05 開会

    ☆10:05〜11:45 【第1部】映画上映会
      『ただいま それぞれの居場所』上映会/大宮浩一監督挨拶
      <映画解説>
      2000年4月1日の介護保険制度開始以降、
      介護サービスの数は急激に増えました。
      しかしその一方で、介護を必要としながらも、
      制度の枠組から漏れてしまう人々も多くいる現状があります。
      そうした中、現在の画一的な介護サービスの在り方にジレンマを感じ、
      自ら理想とする介護を実現させようと、
      施設・事業所を立ち上げた人たちがいます。

      ドキュメンタリー映画『ただいま それぞれの居場所』では、
      設立から23年になる民間福祉施設と、
      新たに、若者によって設立された三つの施設を取材。
      人手不足や低賃金などの問題ばかりが取り上げられがちな
      介護の現場ですが、映画は、利用者やその家族と深くかかわることを望み、
      日夜奮闘する施設のスタッフたちの姿を映しだしていきます。
      そして、いくつもの人生の最後の季節、
      生と死のあわいに向き合い続ける日々が、
      スタッフそれぞれの哲学を育んでいきます。
      http://www.tadaima2010.com/index.html

      千葉県からも2事業所が取り上げられています。
      県内では今年度最後の上映となります。
      まだ、ご覧になっていない方は必見です!

    ☆11:45〜12:45 ランチミーティング&参加者交流会
      福祉に携わったり、興味のある方々が一堂に集まるまとない機会です。
      これを機に、同じ志を持った仲間を見つけたり、
      新たなネットワークや交流が生まれればと考えています。
      会場内で、ご昼食を取って頂けますので、
      是非、ご昼食とお名刺をご持参ください。

    ☆12:45〜13:55 【第2部】対談「共に助け合う地域社会を目指して」
      ・公益財団法人さわやか福祉財団 理事長 堀田力
      ・千葉県 副知事 坂本森男

    ☆13:55〜14:10 休憩

    ☆14:10〜16:30 【第3部】パネルディスカッション
      「新たな時代に向けて・・・ちばの地域福祉ビジョンを考える」
      ○パネラー
        ・NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター 理事長 國生美南子
        ・千葉県地域密着・小規模ケア推進協議会 副会長 伊藤英樹
        ・社会福祉法人ロザリオの聖母会 理事長 細渕宗重
        ・中核地域生活支援センターがじゅまる 所長 朝比奈ミカ
        ・社会福祉法人千葉県社会福祉協議会 常務理事 伊豆敬治郎
        ・千葉県 副知事 坂本森男
      ○コメンテーター
        ・公益財団法人さわやか福祉財団 理事長 堀田力
      ○コーディネーター
        ・NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター 研究員 山下興一郎

    ☆16:30 閉会

    ■お申込方法:下記に必要事項をご記入の上、
             
    info@chiba-bc.comまでご送信下さい。
    ---
    ・参加者名:
    ・参加内容:□全日程参加 □一部分のみ参加(第1部/第2部/第3部)
    ・法人名:
    ・事業所名:
    ・住所:
    ・TEL:
    ・FAX:
    ---


    下記からチラシをプリントアウトして頂き、FAXにてお申込頂くこともできます。
    http://chiba-bc.com/pdf/20110327.pdf (PDFファイル)

    ■主催・お問い合わせ:
    NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター(通称:ブレーメンセンター)
    〒260-0026千葉市中央区千葉港4-4 千葉県労働者福祉センター4階
    Tel:043-441-8018/Fax:043-244-2602 E-mail: info@chiba-bc.com
    | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://official.npo-cw.net/trackback/878570