地域連携会議
0
    今日は、いつもお世話になっている「障害者就業・生活支援センター エール」さんが主催する地域連携会議に出席させていただきました。

    「障害者就業・生活支援センター」とは、支援を必要とする障がいのある方に、就労に向けての相談と、日常生活での支援を一体的に行う機関です。このセンターは全国的にありますが、「エール」さんは今年の4月に君津圏域エリアをカバーする機関として新設されました。

    地域作業所hanaでは、エールさんと連携をとり、利用者さんご本人が一般企業への就労を希望され、客観的にも十分就労が出来る状況にある方については、積極的にエールさんにも登録をしていただくことで、エールさんが開拓してくださった企業の求人紹介や面接のサポート、就職後のアフターフォローなどをエールさんにサポート頂いています。

    今日の地域連携会議のテーマは「精神障がいのある方への就労支援」についてでした。

    君津圏域4市の障害福祉課や、指定相談支援事業所(障がいに関する総合相談窓口)、日中活動事業所の職員の方々が参加され、精神障がいをお持ちの方の就労支援を行っているうえでの課題や実践状況、今後どのように各機関が連携をとることで、よりスムーズに就労支援が行えるのかなどを議論する場となりました。

    今回は初回ということもあり、各機関での実践状況や課題を出し合うところにとどまりましたが、私自身も他の事業所での状況をうかがう中で、参考になるところも大いにありましたし、hanaでも実践できるなということもありました。

    就労のことに限らず、ご本人やご家族のニーズが多様化する現在は、一施設、一事業所だけでの支援にはどうしても限界があります。だからこそ、地域作業所hanaでは、地域の様々な福祉機関や医療機関と常に連携をしていくことで、その方にとって、もっともベストな支援やサポートができるように、心がけています。今回の会議も回を重ねていく中で、お互いに知恵や工夫を持ち寄ることで、君津圏域独自の就労支援の連携のスキームや実践が作られていくよう、私も努力していきたいと思っています。
    | 筒井啓介@地域作業所hana | ちょっと一息 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://official.npo-cw.net/trackback/868498