求人★障がい福祉施設(福祉作業所)での作業指導員
0
    特定非営利活動法人コミュニティワークス/地域作業所hanaでは、新規職員の募集を行っております。
    下記の求人詳細の他、新規職員募集にあたっての代表及び職員のインタビュー記事も下記に掲載されておりますので、併せてご一読頂き、ふるってご応募ください。
    ・日本仕事百貨→ http://shigoto100.com/(7月上旬記事公開予定)
    ・かずさ暮らし→ http://kazusalife.com/(7月上旬記事公開予定)

    ■募集職種
    障がい福祉施設(福祉作業所)での作業指導員

    ■雇用形態
    \疑Π
    (研修期間となる2014年9月1日〜2015年3月31日は有期雇用となり、その後も雇用継続する場合には無期雇用の正職員となります。)

    ▲僉璽反Π

    ■給与
    ヾ靄楜 170,000円〜175,000円
    ※通勤手当・処遇改善手当・職務手当・住宅手当・賞与・退職金共済が別途あります。
    ※基本給は、社内職能等級基準により昇格・降格が設定されています。当求人に記載されている賃金額は、1等級に該当します。また、賞与は、半年に1回の職務評価に基づき支給されますが、およそ年合計で、4〜5カ月程度です。尚、職務手当・賞与・退職金共済は有期雇用終了後からの適用となります。

    ∋給800円(3ヶ月の試用期間中は時給780円)
    ※通勤手当、処遇改善手当が別途ある他、初年度以降の時給は定期昇給と能力給により毎年改定されます。

    ■仕事内容
    就労継続支援B型事業所「地域作業所hana」で、障がいのある方に対して、作業の指導や生活支援を行うお仕事です。私たちは、障がいのある方への最低賃金の支払いを目標に、さまざまな作業に取り組んでいますが、主な仕事内容は下記になります

    <新聞エコバッグ生産>
    全国テレビでも度々紹介をされている、不要になった英字新聞を活用した新聞エコバッグは、地域作業所hanaのオリジナル商品です。現在も多くの企業様や店舗様からご発注を頂いており、障がいのある方への作業指導はもちろんのこと、進捗や商品管理、検品による品質チェックなどが職員の仕事になります。

    <製菓作業>
    私たちの製造するお菓子は、トップパティシエの方に監修していただき、パッケージデザインも絵本作家の先生に描き下ろしていただいた今大人気のお菓子です。厨房内での菓子製造、障がいのある方への作業の指示出しなどが主な仕事になります。今後は商品数も増やしていく予定です。(「テミルプロジェクト」に参加しています)

    <ブランド雑貨生産>
    複数の雑貨ブランド様からお仕事を受けており、年間を通じた作業のほか、新たな仕事もどんどん入ってきています。その都度、制作工程を分解し、障がいのある方それぞれが作業に取り組みやすい方法を考え、作業の割り振りをし、品質や納期管理をするのが職員の仕事になります。

    <縫製作業>
    デザイナー様や企業様からの委託による縫製作業に取り組んでいます。ロックミシンや工業ミシンも備えており、多くの商品に対応しています。縫製指導ができる職員が不足しているため、縫製経験のある方は大歓迎です。

    <農作業>
    事業所から車で10分ほどのところに農場があります。地域の方々にご指導を頂きながら、できるだけ農薬を使わずに、年間を通じて様々な野菜を生産しています。現在は主に直売所での販売ですが、今後は直営の飲食店での活用もしていくため、第六次産業などに興味のある方も大歓迎です。

    今年の冬頃に、木更津市内に新しい事業所(名称:hanahaco)を開設予定です。新しい事業所では、飲食・雑貨販売・スタジオ運営・創作活動などを予定しており、その全ての部分において障がいのある方の仕事を創り出します。現在は上記の仕事と同時進行で、新事業所のオープンに向けて、部門別にミーティングや準備を進めています。
    今ある仕事との同時進行は時間捻出も含めて大変な部分も多いですが、とてもクリエイティブな仕事で、今までにないものを創り上げるのはとてもやりがいがあります。飲食や雑貨販売、新たな雑貨品の商品開発などに興味があり、建設的な議論ができて、かつ積極的に作業や準備を引き受けられる方であれば、活躍できること間違いなしです!

    ■勤務地
    千葉県木更津市文京6-4-4 地域作業所hana(JR木更津駅から徒歩約15分)
    ※冬に新事業所が開設した後に、新しい事業所(木更津市内)への異動の可能性もあります。

    ■勤務時間
    9:00〜17:00

    ■休日休暇
    .轡侫叛による4週6休(隔週で週休2日)
    年末年始休暇、有給休暇あり
    ※土日祝日の勤務があります。

    ⊇4〜5日勤務
    年末年始休暇、有給休暇あり
    ※土日祝日の勤務があります。

    ■応募資格
    応募資格は特にありません。どなたでもご応募可能です。
    ※福祉資格・経験、学歴は不問です。

    ■求める人物像
    ・法人内だけでなく広く地域や社会で役立てる人材
    ・次なる行動を自発的に考え動ける人材
    ・一緒に事業や法人を創造できる人材
    ・どんな状況でも原因の矢印を常に自分に向けることができる人材
    ※弊社のクレド(行動指針)を事前にご覧ください。
    http://npo-cw.net/credo.html

    <こんな職場です>
    ・風土はベンチャー気質です。道なきところに道をつくるので、考えつつも、まずはやってみることが奨励されます。
    ・障がい者の工賃(給与)向上のために、常に新たな仕事を作り出すことを求められます。
    ・小さな会社なので、企画・開発から体を動かす実動、さらにはその後の事務仕事までを全員がやらなければなりません。
    ・問題は常におきます。そして問題一つ一つを解決する議論やプロセスを大切にしています。

    <こんな方は向いています>
    ・素直に社内文化を吸収し、自発的かつ積極的に物事にあたることができる根性ある方
    ・自分の担当に関係なく「何でもやる」精神を持っている方
    ・「好き」なことと「仕事」をうまく結び付け、何事も楽しくするのが得意な方
    ・モノ作りや飲食業、雑貨販売に興味があり、チームワークを大切にできる方

    <こんな方は向いていません>
    ・自分から仕事を見つけたり、仕事を抱えている人のフォローに自ら入れない方
    ・問題や困難を他人や環境のせいにし、自分が変わることでの解決を実践することができない方
    ・研修やミーティングなどで、自分の考えを発言したり、建設的な議論をするのが苦手な方
    ・業務報告やケース記録はパソコンを使います。メールでのコミュニケーションが苦手な方は向いていません。

    ■募集期間
    2014年7月1日(火)〜7月29日(火)書類必着

    ■採用予定人数
    1〜2名
    3〜5名

    ■選考プロセス
    履歴書・職務経歴書・志望動機についての作文の3点を7月29日(火)必着にてご郵送下さい。
     ↓
    書類選考(7月30日(水))
     ↓
    面接選考・適性検査(8月5日(火))
     ↓
    採用(9月1日〜の勤務を予定、事前の入社説明会へ参加をお願いします)

    ※ご応募前の事前の事業所見学やご質問等は随時可能です。お気軽にお問い合わせください。

    ■その他
    ○全国からのご応募、大歓迎です!
    正職員の場合、遠方から木更津市近隣への引越しを希望される場合には、引越し応援金として、引っ越し費用を法人で負担(上限15万円)する他、毎月の住宅手当の支給もあります。また、住まいの紹介などのできる限りのフォローをさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

    ○子育て世代の方が思いっきり力を発揮できる環境があります!
    現在働いている多くの職員が子育てをしていることもあり、子どもの急な病気などによる欠勤や早退・遅刻は常に周りが快くフォローし合える環境があります。また、正職員・パート職員ともに、法人の指定託児所に年間50時間までは無料で子ども(0歳〜小学校3年生まで)を預けることができるほか、50時間を超える場合でも、利用料の半額(上限3万円)を法人で負担するなど、子育て世代の方が、ご自身の能力を存分に発揮することができる環境を整えています。

    ○事前にホームページをぜひご覧ください!
    福祉経験は問いませんが、私たちの理念やビジョンに共感していただけないと一緒に働くことは難しいため、事前にホームページやFacebook等に目を通していただければと思います。
    ・法人ホームページ:http://npo-cw.net/
    ・事業所ホームページ:http://hana-work.net/
    ・Facebook:http://www.facebook.com/hanakisarazu
      
    | 筒井啓介@地域作業所hana | - | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    地域作業所hanaのホームページを全面リニューアルしました!
    0
      地域作業所hanaのホームページを全面リニューアルしました。
      http://hana-work.net/
      (アドレスもお引越ししました。ブックマークの変更をお願いします)

      より見やすく、普段の私たちの雰囲気や仕事の様子をよりお伝えしたいと思い、ご利用者様にもご協力を頂きながらのリニューアルとなりました。ごゆっくりとご覧頂ければ嬉しく思います。

      同時に、地域作業所hanaの母体法人となる「特定非営利活動法人コミュニティワークス」のホームページも新たに開設致しました。併せてご覧頂ければ幸いです。
      http://npo-cw.net/
      | 筒井啓介@地域作業所hana | - | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      フェアトレード月間イベント:手漉き紙ワークショップのご案内
      0
        今月はフェアトレード月間ということもあり、
        紙漉きワークショップを開催いたします。
        ご興味がありましたら、ぜひ、ご参加ください!

         ○フェアトレード月間イベント○

         手漉き紙ワークショップのご案内
         〜フィリピンを通じて、世界の紙の大切さを知ろう!〜

         地域作業所hana1Fの
         アサンテサーナきさらづでも販売しているコゴン草の手漉き紙。
         この手漉き紙 を作っているのは、
         フィリピン・ミンダナオ島のSHAPII(シャピー)の女性たちです。

         SHAPIIは、内戦後、発展が望めなかった島で、
         農業の敵と言われた雑草のコゴ ン草を使って、
         紙漉き事業をスタートさせました。
         5人で始めたこの産業は20年 以上の時を経て、
         400名以上の雇用を生み出す事業にまで発展しました。

         今回、アサンテサーナきさらづでは、
         SHAPIIの現場で手漉き紙作りを学んできた
         学生インターンのレポートと共に、
         紙漉き体験ワークショップを開催いたします。

         お子様と一緒も大歓迎です!!

         ●日時:2012年5月26日(土)13:00〜15:00(予定)
          *開始15分くらいまでにお越しください。
         ●場所:アサンテサーナきさらづ(木更津市文京6-4-4)
         ●参加費:500円(材料費込)

         *材料調達の関係上、事前にメールまたは、お電話にてお申込みください。

         【お問い合わせ】
         〒292-0804
         千葉県木更津市文京6-4-4
         TEL:0438-20-3326
         FAX:0438-20-3327
         メール:info@npo-cw.net
        | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ナスの水やりとオクラの成長!
        0
          こんにちは!
          毎日暑い日が続いていますね・・・。

          ここ最近は、前回のブログでお知らせをした、9月4日(日)に木更津に、元オリンピックランナーの松野明美さんをお招きしての基調講演をはじめとしたイベントの準備に、走り回っています。

          目標は1000名!なので、これからガンガン集客をしていきます。皆さん、9月4日(日)は、是非、木更津市民会館にお越しください!!

          詳細はこちら⇒http://official.npo-cw.net/?eid=878574

          さて、ここ最近の木更津は、全く雨が降らず・・・このままでは、作物が干からびてしまうということで、土日もせっせと水やりに畑に行っています。



          特に、なすは、まめに水やりをしています。
          農薬を使っていないせいか、アブラムシが発生しかけています・・・。自然農薬として、ニンニク・トウガラシの焼酎漬けを近々散布予定。



          オクラにもアブラムシが発生していますが、順調に成長しています。既に実がなっているものもあり、近々収穫ができると思います。



          こちらは、サツマイモです。秋にはおいしいサツマイモが収穫できるといいのですが…。



          両方ともサツマイモなのですが、植え付けた時期や品種が違うせいか、生育に差が見られます。若干病気も出ているそうで、ちょっと心配ですが、もう少し様子を見ることになっています。



          土が乾燥して分かったことですが、土が、田んぼのようにひび割れ固くなってしまっています。農業指導をしている方に相談をしたところ、これは有機質が足りない状態で、固くゴロゴロとしているため、このままだと作物の根が張りにくく、肥料の栄養も流れやすくなってしまうとのことです。
          今後、堆肥を混ぜるなどして、少しずつ改善をしていく予定です。

          ここ最近は、筒井がTwitterやFacebookで日々の出来事をつぶやいたり、作業所の様子を写真でアップしたりしていますので、ぜひ、こちらもチェック&フォローをお願いします。

          Twitter http://twitter.com/supersuke
          Facebook http://facebook.com/keisuke.tsutsui
          | 筒井啓介@地域作業所hana | 畑仕事 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          9/4(日) 松野明美さんと木更津の障がい福祉の未来を考えよう!
          0

            木更津の障害福祉計画の実施期間が終了することに合わせて、
            次期の計画を、外注(コンサル)に出すのではなく、
            当事者やご家族、関係団体、事業者、行政等がお互いに協働して
            手作りでゼロから作っていきませんか?と1年以上前から、
            木更津市地域自立支援協議会の有志メンバーで動き始め、
            ようやく、その素案を発表し、さらに意見交換をするための場を
            9月にセッティングすることができました。

            それに合わせて、元オリンピックランナーで、今はタレントとしても
            ご活躍されている松野明美さんにもお越し頂き、講演をして頂いたり、
            パネルディスカッションにもご参加いただきます。

            ここから、木更津の障害福祉の大きなうねりが動き始めます。
            未来を考え、一緒にその未来を創っていきます。
            ぜひ、皆さん、お誘い合わせのうえ、会場にお越しください!!

            転送大歓迎!
            -----------------------------------------------------------
            ★障がいがあっても「生きやすい木更津」を創るためのシンポジウム★
            ○日時:2011年9月4日(日)10時〜16時
            ○会場:木更津市民会館 大ホール ○参加費:無料
            【同時開催】障がい福祉見本市inきさらづ
            -----------------------------------------------------------


            社会における障がいのある人の「生きやすさ」と「生きにくさ」を考え、
            障がいのある人の地域生活支援に関して理解を深めるとともに、
            その充実のために何が必要なのか、
            木更津の障がい福祉の未来について考えていきます。

            【第1部】 映画上映:「ゆずり葉」
                 (※日本語字幕・音声解説付)

            【第2部】基調講演:「いちばんじゃなくて、いいんだね」
                 (※手話通訳・要約筆記付)
                 講師:松野 明美さん(元オリンピックランナー)

            【第3部】パネルディスカッション:「松野明美さんと一緒に考えよう!
                 木更津の障がい福祉の未来」
                 (※手話通訳・要約筆記付)


            チラシダウンロード(PDFファイル)
            表面⇒ http://www.npo-cw.net/pdf/110904kisarazu_omo.pdf
            裏面⇒ http://www.npo-cw.net/pdf/110904kisarazu_ura.pdf

            ■プログラム

            10時00分〜 開会挨拶
             木更津市地域自立支援協議会 会長 鳥飼博

            10時10分〜 【第1部】映画上映「ゆずり葉」
             人気ボーカルダンスグループ「SPEED」のメンバーである
             今井絵理子さんが主演の映画です。
             人情あふれる東京の下町を舞台に、
             “もうひとつの美しい言葉・手話”で織り成す、
             幾つもの世代をつなぐハートフルストーリー。
             なんと、撮影の一部は木更津でも行われました!

            12時00分〜 休 憩

            12時45分〜 主催者挨拶
             木更津市長 水越勇雄・木更津市議会議長 岡田壽彦

            13時00分〜 【第2部】基調講演「いちばんじゃなくて、いいんだね」
             <講師> 元オリンピックランナー 松野明美さん
             1968年、熊本県生まれ。
             駆け足が遅く、おとなしい性格だったが、
             小学校5年で出場した町内陸上大会で優勝。
             その時の親の笑顔をきっかけに「いちばんを目指す人生」が始まる。
             高校卒業後、ニコニコドーに入社。
             87年、全日本実業団対抗女子駅伝に初出場し、
             12人をごぼう抜きにして注目のランナーに。
             88年、ソウル・オリンピック1万メートルに出場。
             92年初マラソンの大阪国際女子マラソンで
             当時日本・アジア最高、初マラソン世界新を記録。
             その後も数々の記録を残す。
             引退後、結婚し2児の母となるが、
             次男・健太郎がダウン症という障がいを持って生まれる。
             「明るく元気」なイメージを崩すまいと、
             健太郎を一生隠そうと決心する が、
             彼の成長や笑顔に触れ、「人生は 人との競争じゃない、
             いちばんじゃなくてもいい」と気づかされる。
             現在は、講演、タレント、ゲストランナーなど幅広く活躍中。
             昨年4月熊本市議会当選。
             <著書>「いちばんじゃなくて、いいんだね。」(アスコム刊)

            14時15分〜 休 憩

            14時30分〜 【第3部】パネルディスカッション
                     「松野明美さんと一緒に考えよう!
                               木更津の障がい福祉の未来」
             木更津市では、「第2次新きさらづ障害者プラン」
             (実施期間:平成24年度〜26年度)づくりを、
             障がい当事者やご家族、関係団体、行政等が協働をして
             ゼロから手作りしてきました。
             第3部では、当プランの素案発表と各部会からポイントの説明、
             松野明美さんも含めた議論、
             さらには会場の皆さんから素案へのご意見やご提案を頂き、
             “生きやすい木更津”の実現に向けて、
             さらにより良いプランに仕上げていきます。
             <パネリスト>
              ・木更津市身体障害者福祉会 会長 野中道男さん(啓発交流部会)
              ・木更津市手をつなぐ親の会 会長 石川恵美子さん(安心安全部会)
              ・木更津市 聴覚障害者相談員 平野三喜夫さん(相談連携部会)
              ・社会福祉法人みづき会職員
               兼バラエティーズ代表 國分智行さん (生きがい作り部会)
              ・めぐみの家 創設者 新海絹惠さん (自立支援部会)
              ・木更津市福祉部障害福祉課 課長 佐藤喜代美
             <ゲストコメンテーター>
              ・元オリンピックランナー 松野明美さん
             <コーディネーター>
              ・社会福祉法人みづき会 常務理事 樋口敦夫さん
              (策定委員会委員長)

            16時00分 閉 会

            ※都合により内容や出演者に変更がある場合がございます。
              予めご了承ください。

            ■同時開催!!

            障がい福祉見本市 in きさらづ

            木更津の障がい福祉サービス事業所や
            福祉に関する相談窓口が大集合!
            障がい福祉の様々な情報を一度に、
            見たり聞いたりすることができる、またとない機会です。

            ○障がい福祉サービス案内
             (日中活動先・ヘルパー・移送・グループホームなど)
            ○出張相談窓口
             (福祉サービス全般・行政サービス・就労・移動交番など)
            ○福祉作業所製品の販売(手作り品・野菜・雑貨・食品など)
            ○当事者団体・家族の会によるブース出展
            ○障がい福祉関連書籍の販売、障がい福祉機器の展示
            など盛りだくさん!


            ■参加申込方法

            参加をご希望される方は、下記に必要事項をご記入の上、
            8月22日(月)までにメール・FAX・電話等で申込み下さい。

            -----------------------------------------------------
                     【参加申込書】
            Eメールの場合:shoufuku@city.kisarazu.lg.jp
            FAXの場合:0438-25-1213(送信票不要)

            ・お名前(ふりがな):
            ・参加時間:下記よりお選びください。
             □全日程参加 □一部のみ参加(第1部/第2部/第3部)
            ・ご所属等(※個人の方は無記入):
            ・Tel:
            ・Fax:
            ・Eメール:
            ・会場内での必要事項:必要なものをお選びください。
             □車椅子用スペース □手話通訳 □要約筆記
             □録音資料(デイジー) □音声解説(映画)
             □保育の利用(障がいの有・無)
             □その他(             )
            ・ご意見/ご提案:
             木更津の障がい福祉の未来についてご意見やご提案等が
             ございましたら、ご記入ください。(ご記入頂いたものは、
             当日資料として配布させて頂く場合もあります)
            -----------------------------------------------------

            ■会場アクセス

            木更津市民会館 大ホール
            木更津市貝渕2-13-40 電話:0438-22-4184
            ・JR内房線・久留里線木更津駅西口より徒歩約20分
            ・「富津公園」行きバス、バス停「貝渕」で下車、徒歩約5分
            ※市民会館駐車場はお身体の不自由な方が優先となりますので、
              臨時駐車場(旧警察署跡地・市役所駐車場)のご利用の
              ご協力をお願いします。

            ■お申込・お問い合わせ先

            木更津市役所 障害福祉課
            〒292-8501 木更津市潮見1-1
            電話:0438-23-8497 FAX:0438-25-1213
            Eメール:shoufuku@city.kisarazu.lg.jp

            ○主催:木更津市・財団法人自治総合センター
            ○共催:木更津市地域自立支援協議会
            ○後援:総務省・袖ヶ浦市・君津市・富津市
            ※このシンポジウムは全国モーターボート競走施行者協議会からの
              拠出金を受けて実施するものです。

            | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            暑い季節に向けて…
            0
              震災後からブログの更新が止まってしまいました。定期的にチェックして頂いていた方には、申し訳なく思っています。

              更新が滞ってしまったのは、震災があったからというわけではなく、移転後初めて迎える年度末や職員の入れ替え、新しい事業の立ち上げ準備…などが重なり、ついブログ更新がおろそかになってしまいました。。。

              ここ最近は、筒井がTwitterやFacebookで日々の出来事をつぶやいたり、作業所の様子を写真でアップしたりしていますので、ぜひ、こちらもチェック&フォローをお願いします。

              Twitter http://twitter.com/supersuke
              Facebook http://facebook.com/keisuke.tsutsui

              さて、今日は日曜日ですが、先週末に植えたオクラの水やりに、畑に行ってきましたので、久しぶりに地域作業所hanaの最近の畑の様子をお伝えします!



              ↑こちらが、先週末に植え付けたオクラです。水やり後の写真。



              ↑じゃがいもは、収穫期に入りました。晴天が続いたら収穫をする予定です!



              ↑玉ねぎが無事に収穫できました!(ハウス内で乾燥中です)
              このブログでも昨冬あたりから、玉ねぎ情報をお伝えしてきましたが、一時は、今年は玉ねぎは、ダメかもとだれもが諦めかけていました。
              ところが、春になって、暖かくなり始めてきた頃から、急に育ち、若干小ぶりではありますが、収穫をすることができました!苗を植え付けた自分としては、感無量です!!
              乾燥後に販売をしますので、hanaの玉ねぎが食べたい!という方は、ご連絡ください!



              ↑10日ほど前に、さつまいもを植え付けました。



              ↑こちらは、昨年全滅だった安納芋。リベンジを誓って再挑戦です!
              | 筒井啓介@地域作業所hana | 畑仕事 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              【千葉災害状況共有掲示板】設置のお知らせ
              0
                木更津は徐々に落ち着きを取り戻しつつありますが、震源地近くをはじめ、多くの地域で、唖然とするような状況が続いていることに、とにかく今は自分ができることをしっかり取り組んでいこうと思っています。

                さて、昨日の地震から1日が経過し、メディアでも様々な情報が流れていますが、こういう時だからこそ、県内の福祉事業所間で、何かしらの協力をしあえればと考え、地域作業所hana代表の筒井も理事として参加している千葉県地域共生ケア振興センター(ブレーメンセンター)では、情報共有のための掲示板を設置致しました。

                【千葉災害状況共有掲示板】
                http://chiba3info.bbs.fc2.com/

                ご事情が許す限り、各福祉事業所や関係機関の皆様から、それぞれの状況について、書き込みを頂ければ嬉しく思います。

                まだ余震も含めて大変な状況が続いております。皆様、どうぞお気をつけください。
                | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                オリジナルキャラクター展示&一般投票開始!:木更津市地域自立支援協議会より
                0
                  木更津市では、障がいのある方やそのご家族が、その人らしく、安心して、木更津で暮らし続けることができるために相談窓口の設置やネットワークを作るために、昨年度、地域の関係機関や団体などで構成される「木更津市地域自立支援協議会」を設立しました。(地域作業所hanaもこの協議会に参画し、特に広報部会の担当をさせて頂いています)

                  この度、当協議会のことを、より多くの方に知って頂くために、障がい福祉を身近に感じてもらうことができる「オリジナルキャラクター」を募集しました。

                  その結果、木更津市内外より合計300点以上のキャラクター案が集まったため、選考会の前に、市民の皆様にもご覧いただき、一般投票をして頂くための機会を設けることとなりました。

                  キャラクター募集を担当した「広報部会」では、障がい福祉に関する啓発や、木更津市内の障がいに関する相談窓口の普及のために活動をしています。
                  今回はその一環として、キャラクター募集という切り口から、障がいのある方のことや、障がいに関する相談窓口を知ってもらおうと、企画しました。

                  募集は、木更津市内を中心に、各学校への依頼や、公共施設などへのチラシ設置、各種イベント等での呼びかけを行った結果、予想をはるかに上回る応募があったため、さらにより多くの方に、障害福祉に関することを知ってもらおうと、木更津ジャスコ(ご協力に感謝です!)と木更津市役所において、ご応募頂いた全てのキャラクター案の展示と一般投票を行うことになりました。

                  その後、最終選考会を3月23日に開催予定ですが、一般投票の結果は、最終選考の際の参考とさせていただきます。

                  つきましては、下記の日程で、オリジナルキャラクター案の展示&一般投票を開催いたします。趣旨をご理解いただき、一人でも多くの方に足を運んで頂けますよう、よろしくお願い致します。

                  木更津市地域自立支援協議会
                  オリジナルキャラクター案 展示&一般投票開催

                  ‘程:2011年3月8日(火)〜14日(月) 
                    場所:木更津ジャスコ:1階フードコート側エスカレーター周辺
                  日程:2011年3月11日(金)〜17日(木)
                    場所:木更津市役所:2階ロビー

                  ※会場に担当者は常駐しておりませんので、ご質問等は、当協議会事務局の木更津市障害福祉課までお願い致します。TEL:0438-23-8497

                  ■木更津市地域自立支援協議会とは・・・

                  障がいのある人、その保護者または介護者が、地域において、自立した日常生活または社会生活を営むために、障がい福祉サービスの提供体制の確保をすること。
                  また、障がいのある人のニーズに合わせた複数のサービスを適切に結びつけて調整することや、社会資源の有効活用、改善、開発等を行うため、事業者、雇用、教育、医療等の関連する分野の関係者のネットワークの構築を図ることを目的に設置された協議会です。
                  さらには、地域ニーズを丁寧に拾い上げ、必要な支援に繋げていく相談支援事業を充実させるために、中核的役割を担う組織でもあります。(事務局は木更津市障害福祉課に設置しています)
                  | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  延期になりました★3/27(日)地域共生フォーラムinちば
                  0
                    【3月15日追記】

                    このたびの東北地方太平洋沖地震において、被災された方々、並びにそのご親族、ご友人の皆様に心からお見舞いを申し上げます。また、被災地の皆様の1日も早い復旧並びに復興を心よりお祈り申し上げます。

                    さて、今回の災害を受け、様々な事情を考慮し、先日ご案内をさせて頂いた3月27日(日)開催予定であった「地域共生ケアフォーラムinちば」の開催を延期させて頂くこととなりました。

                    既にお申込をされた方、ご予定をして頂いていた方々には大変申し訳なく思っておりますが、延期の日時が決まり次第、再度ご案内をさせて頂きますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


                    ----------------

                    こんにちは!
                    今日の木更津は、暖かい陽気で、気持ちのいい1日になりそうです。

                    ブログの更新が月1回の頻度になってしまっていますが、年明けからは、利用者さん(障がいのある方)とそのご家族との個別面談をしたり、新しいプロジェクトの立ち上げ準備を進めたり、年に1回定期的に行われる県の指導監査を受けたり、地域作業所hanaが関わらせて頂いている様々な協議会や団体などで開催されるセミナーやフォーラムの運営をしたり・・・と、あっという間の2か月でした。

                    そんな中、年度末ぎりぎりの3月27日(日)に、「地域共生フォーラムinちば」という大きなフォーラムが、千葉県労働者福祉センターで開催されます。主催は「NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター」という団体で、地域作業所hana代表の筒井も理事として関わらせて頂いており、このブログをご覧の皆さんにも、是非ご参加いただきたいと思い、ご案内をさせて頂きます。

                    今日、私たちの周りでは、老々介護・認認介護、孤独死、虐待、差別、DV、ニート、ホームレス、福祉・介護人材の不足、、、など、多くの問題・課題が山積しています。

                    しかし、千葉には、「有償たすけあい活動」、「宅老所」、「共生ケア」、「パーソナルアシスタントサービス」、「小域福祉フォーラム」、「24時間365日の総合相談」など、課題や地域ニーズに応える貴重な“実践”があり、そのどれもが、今や全国から注目を集める取組みになっています。

                    さらに、千葉には、地域に必要な“実践”を起こせる(興せる)人とスピリットがあります。

                    これらを、次世代に継承していくために、また、新たな実践を「現場」から気づくために、皆様と同じ時間を共有し、ご一緒に考えていけたらと考えております。多くの方々のご参加を心よりお待ち致しております。
                    http://chiba-bc.com/pdf/20110327.pdf (PDFファイル)

                    ■日時:2011年3月27日(日)9:55〜16:40 ★延期になりました★
                    ■会場:千葉県労働者福祉センター(大ホール)千葉市中央区千葉港4−4
                    ■参加費:無料
                    ■対象者:一般県民、高齢者福祉・障害者福祉・地域福祉に関わる方・団体
                    ■内容:第1部:映画上映会「ただいま それぞれの居場所」/監督挨拶
                          第2部:対談「共に助け合う地域社会を目指して」
                              ・さわやか福祉財団 理事長 堀田力さん
                              ・千葉県 副知事 坂本森男さん
                         第3部:パネルディスカッション
                              「新たな時代に向けて・・・ちばの地域福祉ビジョンを考える」

                    ■詳細プログラム:

                    ☆09:55〜10:05 開会

                    ☆10:05〜11:45 【第1部】映画上映会
                      『ただいま それぞれの居場所』上映会/大宮浩一監督挨拶
                      <映画解説>
                      2000年4月1日の介護保険制度開始以降、
                      介護サービスの数は急激に増えました。
                      しかしその一方で、介護を必要としながらも、
                      制度の枠組から漏れてしまう人々も多くいる現状があります。
                      そうした中、現在の画一的な介護サービスの在り方にジレンマを感じ、
                      自ら理想とする介護を実現させようと、
                      施設・事業所を立ち上げた人たちがいます。

                      ドキュメンタリー映画『ただいま それぞれの居場所』では、
                      設立から23年になる民間福祉施設と、
                      新たに、若者によって設立された三つの施設を取材。
                      人手不足や低賃金などの問題ばかりが取り上げられがちな
                      介護の現場ですが、映画は、利用者やその家族と深くかかわることを望み、
                      日夜奮闘する施設のスタッフたちの姿を映しだしていきます。
                      そして、いくつもの人生の最後の季節、
                      生と死のあわいに向き合い続ける日々が、
                      スタッフそれぞれの哲学を育んでいきます。
                      http://www.tadaima2010.com/index.html

                      千葉県からも2事業所が取り上げられています。
                      県内では今年度最後の上映となります。
                      まだ、ご覧になっていない方は必見です!

                    ☆11:45〜12:45 ランチミーティング&参加者交流会
                      福祉に携わったり、興味のある方々が一堂に集まるまとない機会です。
                      これを機に、同じ志を持った仲間を見つけたり、
                      新たなネットワークや交流が生まれればと考えています。
                      会場内で、ご昼食を取って頂けますので、
                      是非、ご昼食とお名刺をご持参ください。

                    ☆12:45〜13:55 【第2部】対談「共に助け合う地域社会を目指して」
                      ・公益財団法人さわやか福祉財団 理事長 堀田力
                      ・千葉県 副知事 坂本森男

                    ☆13:55〜14:10 休憩

                    ☆14:10〜16:30 【第3部】パネルディスカッション
                      「新たな時代に向けて・・・ちばの地域福祉ビジョンを考える」
                      ○パネラー
                        ・NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター 理事長 國生美南子
                        ・千葉県地域密着・小規模ケア推進協議会 副会長 伊藤英樹
                        ・社会福祉法人ロザリオの聖母会 理事長 細渕宗重
                        ・中核地域生活支援センターがじゅまる 所長 朝比奈ミカ
                        ・社会福祉法人千葉県社会福祉協議会 常務理事 伊豆敬治郎
                        ・千葉県 副知事 坂本森男
                      ○コメンテーター
                        ・公益財団法人さわやか福祉財団 理事長 堀田力
                      ○コーディネーター
                        ・NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター 研究員 山下興一郎

                    ☆16:30 閉会

                    ■お申込方法:下記に必要事項をご記入の上、
                             
                    info@chiba-bc.comまでご送信下さい。
                    ---
                    ・参加者名:
                    ・参加内容:□全日程参加 □一部分のみ参加(第1部/第2部/第3部)
                    ・法人名:
                    ・事業所名:
                    ・住所:
                    ・TEL:
                    ・FAX:
                    ---


                    下記からチラシをプリントアウトして頂き、FAXにてお申込頂くこともできます。
                    http://chiba-bc.com/pdf/20110327.pdf (PDFファイル)

                    ■主催・お問い合わせ:
                    NPO法人千葉県地域共生ケア振興センター(通称:ブレーメンセンター)
                    〒260-0026千葉市中央区千葉港4-4 千葉県労働者福祉センター4階
                    Tel:043-441-8018/Fax:043-244-2602 E-mail: info@chiba-bc.com
                    | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    1/30(日)廃油で作るアロマキャンドル作りワークショップ
                    0
                      1か月ぶりの更新になってしまいました。この間に年末・年始を挟みましたが、地域作業所hanaは1週間ほどお休みをいただき、それぞれがゆっくりと過ごしたようです。

                      さて、新年最初のブログで、新年最初のワークショップのご案内です。今回は、神奈川から講師の先生にお越し頂き、一般の家庭からも出る廃油(使用済みの油など)を使ったアロマキャンドルづくりです。

                      通常のキャンドルを燃焼すると、新たなCO2が発生しますが、廃油キャンドルは、原料である植物が吸収したCO2を出すだけで、新たなCO2は出しません。リサイクルだけでなく、環境に優しいキャンドルを作ってみませんか?

                      □日時 1月30日(日)13:30〜15:00
                      □場所 アサンテサーナきさらづ・地域作業所hana1階
                            木更津市文京6−4−4(木更津第2小学校前)
                      □参加費 1000円(キャンドル2個分、材料費込)
                      □持ち物 手拭き用タオル
                      □講師 リズミラクル 代表 小笠原徳子さん
                      □お申込み 地域作業所hanaまで(0438-20-3326 info@npo-cw.net )

                      <講師プロフィール>
                      2008年にリズミラクルを発足。『みんなの個性で、誰かのためになる事を。。』をテーマに、楽しくおしゃれに遊びながら社会貢献をするチーム。廃油で作るアロマキャンドルをメインに、音楽イベントから福祉施設まで幅広く活動中。

                      | 筒井啓介@地域作業所hana | ☆お知らせ☆ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |